医療関連の記事を保健師が書いていくブログ

医療コラムからビジネス書籍のご紹介など。保健師が年商10億円を目指します

糖尿病から慢性腎不全

慢性腎不全 CDK
糖尿病患者の慢性腎不全への過程についての事例をお話しいたします。

糖尿病で20年ほど通院加療。
女性  80代後半
明確な時期は不明だが数年前から糖尿病性腎症であったと思われます。
5年程前には主治医より透析導入を検討するように言われていたそうですが、本人は透析導入を拒否していました。
はっきりとした理由は確認できていませんのでこれはあくまでも予想ですが、本人の性格を考えると週のうち3日外来透析に通院するのが面倒だったように思えます。あまり外出することを好みませんでした。外出するときは身内が車を出して、連れて行く、ということばかりでした。
60代に入ってから膝を患い歩きにくくなったこともその理由の一つだと思います。
自身の家に客招くことが好きなところもあり来客は多く、買い物やゴミ出しなどはヘルパーさんや近隣の方が手を貸してくれることも多かったためもあるのでしょうか。
糖尿病は内服治療だけではなく、運動、食事も大切な療法となります。
内服だけではその進行を緩やかにすることはできなかったのでしょう。
食事の塩分、カロリー摂取はきちんと病院からの指導どおり行なっていたようですが、体重は日に日に増加していました。
足のむくみは特に酷く、踵から指先にかけては感覚が無くなっていました(むくみは体重の3%以上の増加で現れます)。

また時折胸の痛みも訴えていました。
この痛みは数分過ぎると落ち着くため、本人も家族もあまり気にかけていなかったようでした。胸の痛みを「胸痛」というのですが、胸痛とともに呼吸が苦しいこともあったはずです。しかしそれらが糖尿病の主治医に伝わることはなかったようです。
無症候性心筋梗塞であったと思われます。
残念ながらこの過程の検査のデータを見ることはできませんでした。

本人の主訴を辿って考えることを書きます。あくまで予測の範囲にすぎません。

糖尿病を患い、歩くことも出来ず(しなかった)日中の殆どを家の中で過ごしていました。
そして食事療法を行っても体重は日々増加し、家の中での自力歩行による移動も難しいものとなっていました。

そして、昨年2月、胸痛、呼吸苦を訴えて救急搬送となり、三次救急の病院へ入院しました。
まずそこで透析導入となりました。
ご存知の方も多いかと思いますが、透析は一度導入すると一生外せないものです。

このとき、この女性の子供達のうち、いち早く病院に駆けつけたのは長女でした。

透析についてのう説明は受けたはずなのですが 母親が倒れたということで、医師やスタッフからの説明は殆どを理解できなかったそうです。長女の娘が医療関係者だったため娘が同意書などの書面にサインをしていました。しかしながら、透析は一時的な治療であると勘違いをしていました。
身内が急変したときにはこのようなことは往々にして起こります。
私が駆けつけたときには既に透析が始まっておりました。

 

次の記事へ続きます。

腎不全 Chronic Kidney Disease

Chronic Kidney Disease

正確には慢性腎臓病と訳されます。

慢性腎不全ときいて皆さんが頭に浮かぶのものはなんでしょうか。

『透析』

という方も多いのではないかと思います。

 

今回は腎不全についてお伝えします。

 

私の身内が透析をしています。

長いこと糖尿病を患っておりました。

もちろん毎日薬を飲み、食事にも気をつけて過ごしていました。

しかしながら加齢とともに症状は悪化していきました。

どんなに食事療法しても体重が増加し続けたころ、主治医からは透析導入を勧められていたそうです。それを拒否し続けた結果

心不全

で救急搬送されました。

ICUに入り、そのまま透析導入となりました。

心筋梗塞で急変しましたが一命とりとめました。

 

そして透析専門の病院に転院して今でも入院加療中です。

 

このような過程をたどる糖尿病患者さんは珍しくありません。

糖尿病からの腎不全、心筋梗塞は多いのです。

 

腎不全について少しずつ書いていきます。 

 

 

ココナラ

ココナラは手数料が3割です。
今年から手数料が変わりました。
25%から30%にかわりました。しかしながら、毎月ある一定の金額以上の売り上げのある場合は10%が帰ってきます、いや返ってきます。

なかなかその金額に達するのはきついんじゃないかなぁ、と私は思いました。

一文字一円の記事を書いても手数料で更にもっていかれるわけですから、一文字一円にはいきません。

厳しいなぁ、と思います。

ですからココナラで本気で儲けようという気持ち…にはなれません。

ココナラ

うーむ…

やはり、というべきでしょうか。

ココナラからの依頼が途絶えましたねぇ。

お一人から一購入で沢山の記事を書いて、追加でおひねりから入金してもらったので、沢山記事書いたけど…実績は少ないままなんですよ。

免許証の写真を撮って貼ればいいのでしょうかねぇ。

いろいろ考えているんです。

個別に受けてる健康相談は

もうなんだか人生相談会になってまして、人様の人生相談受けられるほど私は大した人間じゃありませんから、限界を迎えているなぁ、なんて思ったりしてたまに遠くを見ています。

上手くいかいな

と思ったときには

水曜どうでしょう

を観ます。

藤村さんが

コツコツやるしかないんですよ〜

と、大泉さんに話している場面に

ウンウン、と頷くのでした。

ヨルノジョオウははなうたで

アンサンブルコンサートが終わりました。
素敵な時間を過ごしました。

次は何を練習しようかなぁ〜

コンクールと発表会があります。
コンクールはモーツァルトの夜の女王のアリアをやります。
発表会はモーツァルトの永遠なる神よ、我は求めず
を、やります。

今はHigh Fが出せます。
その二度上のGは、4回練習したら1回しか出ません…

元々高い声ではありませんよ。
練習して出せるようになりました。

私の夜の女王のアリアだけをきいた方は

ああ、元々高い声出せたんですよね。

とかおっしゃる。

鼻歌みたいに軽く出してるように聞こえるのでしょうか。


夜の女王のアリアは必ず1日一回は練習しています。
家族は誰も驚かなくなっていますが、実家でうたうと大抵、えっ((((;゚Д゚)))))))
と、誰かが引きます。

そして
永遠なる神よ、我は求めず
は、High Gが
二回ありますよ。もちろん、High Fもありますよ。


練習していると
喉から首の筋が
グキ
となります。

ですから私の練習方法が
正しいのかどうかわかりません。

でも高い音域は出せるようになりました。

空にかえる 雪

お題「雪」


大学受験の朝
雪が降り積もっていました。
関東では珍しいくらいの積雪で、公共の交通機関はダイヤが乱れていました。

そのため試験会場では開始時間が繰り下げられました。


早く試験を終わらせたい…
というジリジリする気持ちを紛らわせるために
キャンパスを散歩しました。

雪は積もっていましたが快晴の空でした。
風が吹いて雪が舞い上がり
光になって消えました。

気持ちが晴れかになったのを良く覚えています。


そしてその大学には気持ちよく
落ちました。

アルク(o^^o)

毎日1時間から2時間ほど歩いています。
ウォーキングらしくなってきました。
週末は上の子が一緒に歩いてくれました。
途中脱線しましたがウォーキングにはなっていたと思います。

太腿をくっつけても隙間が‼︎
隙間があります!
この部位の隙間は久方ぶりに見ました。

そして下腹が凹んできました‼︎
声楽の発表会でドレスを着られそうです。
新調したドレス、ウエストがきつくて入らなかったのです…。

一番変化が分かった部位は
背中
でした。
背中の肉が薄くなってきました。

あっ、肩甲骨…がある。

明日もアルク(o^^o)私です。


膝の負荷を軽減してくれます。
坂本さんがなまら気になる…



膝の負担を抑えて安定した歩き方をサポートする膝らくサポーター
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TGOV1+ES9KD6+CMS+1NOPEB


寝ている間に足のむくみ・疲れをスッキリ軽くする「夜用揉まれるサポーター」