医療関連の記事を保健師が書いていくブログ

医療コラムからビジネス書籍のご紹介など。ココナラより健康相談、医療記事について出品中。https://coconala.com/smartphone/users/dashboard

声と私と憂鬱と

6月に声楽の発表会があります。
指導していただいている先生から
そろそろ曲を決めましょう
と言われました。
先週まではモーツァルトのアリアをやりたいなぁなんて思っていました。High Gまで出てくる曲であまり歌う人がいないアリアです。
そしてもう一つ、やってみたかったアリアは
鐘の歌
という、やはりハイコロラトゥーラの曲でした。

なぜでしょうか、昨日から一気にやる気が失せてます。

どちらも難しいアリアです。
片やHigh G
片やフランス語

どんなに時間があったとしても所詮私は素人ですから本気出して練習しなければ歌えないとわかっています。

しかし、やる気が失せている、この現時点で何をしたって楽しくないのです。

こんな感じになっていることで
あぁやはりプロって凄い
とシミジミと思います。

いろいろ思い返してみました。

あゝそうか、私は去年のコンクールの二次予選で落ちた瞬間からやる気は既に失せていたんだな。

夜の女王のアリアは人を狂わせるなぁ…

夜の女王のアリアをコンクールの舞台で歌うことが人生の目的だったようなものでしたから、燃え尽きていたんですねぇ。

そして、本当に駄目なことだと思うのですが、他のアリアと夜の女王を比べてしまい、他のアリアを練習していると途中から
あゝ、つまらねぇな
とか思っていることに気づいてしまいました。

プロのソプラノの声楽家はあのアリアを大きな舞台で成功させると仕事が山のように舞い込むらしい、と知りました。あのグルベローヴァさんもディアナダムラウさんもそうだったのでしょうか。

モーツァルトのHighGのアリアは下から1度ずつ上がっていくので、音階練習みたいで、出せてしまうことが増えていて余計…

既にビックリ人間一発勝負、人類のHighボイスに挑戦気分なのか⁈それならいっそ、どこかの国にかつて存在したあのホイッスルボイスを目指すことに切り替えるか⁈

去年のコンクールの二次予選に落ちた、つまり本選に行けなかった理由は
選曲と私の声質のミスマッチだったこともあるそうです。
ああそうか、コンクールっていう場所では
声質に合わせた選曲しないと認められないってことすか。
ならばあえて何度でも夜の女王に挑戦しよう。

もしこれが仕事ならば、周囲の評価に自分を合わせる努力をします。

しかしながら、趣味です。
どこまでいこうとどこまで金をかけようと
やはり趣味は趣味です。
ここで自己表現をワガママにやらなければ
一体どこで自己表現すりゃいいんでしょうか。

仕事でも趣味でも評価が下がることを気にしていたら私は多分鬱になります。

ああほらもう、憂鬱だもの。

ヒト乳頭腫ウイルス感染症(ウイルス性疣贅)

首イボ 感染を防ぐポイントは?

1感染するイボと感染しないイボ

1.1 感染するイボについて

感染するイボは一体どのようなものでしょうか。これは『ヒト乳頭腫ウイルス感染症(ウイルス性疣贅)』といいます。ヒト乳頭腫ウイルス human papilloma virus (HPV)は75以上の遺伝子型に分類されています。ウイルスは細菌と異なり遺伝子をもっています。その遺伝子の型が75以上あり、そのうち 1型 2型 27型 57型がウイルス性疣贅よって皮膚や粘膜にイボを発症させるものといわれています。ウイルスですから発症までには時間がかかります(潜伏期間といいます)し、ウイルスを保持した方が全て発症するわけではありません。潜伏期間は六ヶ月から1年、発症する確率は10〜20%とするデータもあります。
そしてウイルス性疣贅はいくつかの病型に分類されています。
そのなかで多いものをご説明いたします。
① 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)
疣贅のなかで最も頻度が高く、首だけではなく手、指、足の裏にも良く発症します。はじめは表面が滑らかでひらたくドーム状ですが、大きくなると表面がザラザラして灰白色になります。またそのイボが近い場所で多くできると、一つの大きなイボになることがあります。これを融合といいます。
首にできるものは、指状、糸状、鶏冠状でみられることが多いのが特徴です。皮膚科の専門医ならば目視で診断をつけられます。

② 青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいせいぜい)
この病型は顔などの剃毛(カミソリなどの刺激)が原因ではないかといわれています。特に女性の発病が多いのは全身の剃毛から広がっていると考えています。女性の発病が男性よりも2〜3倍多いためです。また引っ掻いたりすることで自家摂取(自分から自分に感染させてしまうこと、最初にできたイボが引っ掻いたりこすったことによりウイルスが移動し皮膚に侵入して発病する)してしまい、一本の線上にイボが出来ることがあります。

③尖圭(せんけい)コンジローム
昨今、human papilloma virusu による子宮頸がんの話題がよくでていますが、首などにできるイボのhuman papillma virus とは型が違うので心配はありません。子宮頸がんと関連があると考えられているのは16型とされています。

1.2 感染しないイボについて

イボには感染しないものもあります。脂漏性角化症(老人性イボ、老人性疣贅)といいます。これはスキンダックともよばれています。
これは皮膚の良性の腫瘍とされています。そのまま何も治療をしなくとも医学的には問題はありませんが(命に関わることはありません)、発症している部位や大きさにより見た目で気になったりすることも多いため皮膚科の専門医に受診するかたも多いようです。そのイボが一体何であるのか、治療が必要なものかどうかは専門家でなければ判断できませんので、まずは受診をして判断してもらうことが肝要です。

2 ウイルス性のイボについて

2.1 ウイルス性のイボに感染してしまうのはなぜか

インフルエンザを例にあげるとわかりやすいかもしれません。インフルエンザもウイルスをもち、人から人へと感染します。ヒト乳頭腫ウイルス human papilloma virus (HPV)は動物から人へうつることはありません。インフルエンザウイルスは飛沫感染など、その感染経路はわかりやすいため予防に対処できます。しかしながら、ヒト乳頭腫ウイルス human papilloma virus (HPV)では、その感染経路は未だはっきりとはされていないようです。わかっていることは、足や手指にできたほんの小さな傷から皮膚に侵入し、潜伏期間(6ヶ月から1年)を経て10%~20%の確率で発症するということです。
多いのは靴下を履かずに靴を履いたり裸足で歩いたりして、小さな傷ができてしまい、放置したままで気がつかないうちに感染していることがあります。
そして感染に気がつかず、足を触った手で顔や『首』を触ったとします。触った場所が乾燥してカサカサしていたり、小さな傷があったりするとそこからウイルスが侵入して感染してしまうのです。
また感染しやすい場所のひとつとして考えられているのは、公共のプール、公共の入浴場です。またタオルの使い回しなども原因といわれています。

2.2皮膚の構造はどのようになっているのか

皮膚は上から、表皮、真皮、皮下組織と重なって出来ています。イボは表皮の上に盛り上がり、見えない真皮まで深く広がります。皮下組織まで入り込むことはないようです。
ですから、皮膚の表面にできた小さな傷からウイルスが入り、皮膚の表層で発症するため、日常生活でよく使う体の部位、見えやすい体の部位にできやすくなります。

3 首イボに感染しないために、感染の広がりを防ぐために

3.1 予防するためにできることは何か?

まず予防するためには『ウイルスは人から人へ感染る、ウイルスは自分から自分に移動する』と、自覚することが大切です。
過剰に心配する必要はありませんが、日常生活を送るなかで感染の危険があるということを意識してください。
では具体的なポイントを挙げてまいります。

①免疫力を高める
これはどのような疾患であっても共通していえることなのですが、免疫力を高めることで身体へのウイルスの侵入を防ぎことができます。免疫力を高めることで多少の侵入をはじきかえす強さを得ます。免疫力を高めるためには、バランスの良い食事ととること、睡眠、休養をとること、適度な運動をすること、などがあげられます。
免疫力が下がると逆にウイルスが侵入し感染して発症します。女性で多いのは過剰のダイエットによる栄養バランスの偏りよる免疫力低下です。また仕事や家庭、人間関係によるストレス、寝不足なども免疫力を下げてしまう原因となります。

② 手や手指に小さな傷を作らないようにする、出来てしまっても放置しない
夏の時期は裸足でサンダルや靴を履いている方が多いものです。感染を防ぐためには靴下やストッキングなどを履いて足を保護していただきたいと思います。しかしながらそうもいかない場合も多いので、外出先から帰ったら入浴とは別に帰宅してすぐに足を洗うだけでもとても有効です。
お仕事の種類、内容によっては足や指先に怪我をしやすいかたも多いことと思います。そこにウイルスが感染して傷がある首などを触ると、首に感染してイボができることになります。
ですから日頃から保湿クリームなど保護できるものを使い指先、足先をケアすることが有効となります。小さな傷だから、出血もしていないし、、、と、放置するのはやめましょう。

③ 公共のプール、大浴場にいくときには気をつける
まず、体力が落ちているとき、体調が優れないとき、指先や足先など身体に引っ掻き傷などがあるという場合には控えた方が良いかと思います。それでも生活をしていれば、いろいろな事情がありいかなければならないという場合もあるかと思います。その場合には、体を清潔にしてから入水、或いは入浴する、傷をかいて広げないようにする、出る前には足は綺麗に再度洗う、共用のマットは使わない、タオルは共用のしない、など気をつけていただきたいと思います。

④ 乾燥を防ぐ、保湿をする
乾燥をすると皮膚がカサカサして、ちょっと擦るだけでも小さな傷ができてしまいます。肉眼で見えないくらいの傷であってもウイルスは侵入します。顔のケアは大切にしっかりとしても、首(デコルテ)ケアはあまりしないかたもいらっしゃるようです。首のイボを防ぐには日頃からの保湿ケアが大切です。乾燥しないようにしっかりとクリームなどを塗布しケアをすることでイボの発病を防ぐことがあります。また女性はネックレスやスカーフなど、装飾品で首の周りを刺激することが多いかと思われます。刺激して傷を作らないように気をつけるとともに、傷の有無やイボが出来ていないかなど確認するようにしましょう。


4 最後に(まとめ)
これらは日常生活取り入れられる簡単なケアだと思います。
残念ながらヒト乳頭腫ウイルス human papilloma virus (HPV)には有効なワクチンはありません。そして「正常を保っている皮膚には感染しない」とも言われています。潤いのある健康な肌を保ち、ウイルスを跳ね返す免疫力を高めておくことが感染を防ぐためにとても大切なこととなります。

またウイルス性のイボは一度できてしまうと完全に治癒するまでに時間も治療代も多くかかります。皮膚科専門医によりその治療法は様々ですが、ミリ単位で治療費は異なり数万円以上の治療代がかかります。残念ながら保険適用外の疾患であるためです。

また一度完治したと思っても、ウイルスが潜伏していると何らかのきっかけで再発します。
そのきっかけは、免疫力低下であったり加齢により皮膚が乾燥しやすくなったりするためです。
イボは見た目ではなんの種類のイボか、放置してもよいのか、自分で処置できるものか、自分で処置してはいけないものか、などの判断は専門家でなければできません。またウイルス性のイボは痒みや痛みはありません。首の周りを触っていて何か引っかかる、などの違和感があったらそれはイボかもしれません。その場合には引っ掻いたりむやみに触ったりはせず、皮膚科受診をおすすめいたします。もし治療が必要だったとしても早期に治療を開始できれば、治療にかかる時間も費用も少なくてすみます。
また、アトピー性皮膚炎でステロイドを使用している方はさらに注意が必要です。ウイルス性のイボにステイロイドは禁忌です。その場合には早急に主治医にご相談なさってください。

糖尿病から慢性腎不全

慢性腎不全 CDK
糖尿病患者の慢性腎不全への過程についての事例をお話しいたします。

糖尿病で20年ほど通院加療。
女性  80代後半
明確な時期は不明だが数年前から糖尿病性腎症であったと思われます。
5年程前には主治医より透析導入を検討するように言われていたそうですが、本人は透析導入を拒否していました。
はっきりとした理由は確認できていませんのでこれはあくまでも予想ですが、本人の性格を考えると週のうち3日外来透析に通院するのが面倒だったように思えます。あまり外出することを好みませんでした。外出するときは身内が車を出して、連れて行く、ということばかりでした。
60代に入ってから膝を患い歩きにくくなったこともその理由の一つだと思います。
自身の家に客招くことが好きなところもあり来客は多く、買い物やゴミ出しなどはヘルパーさんや近隣の方が手を貸してくれることも多かったためもあるのでしょうか。
糖尿病は内服治療だけではなく、運動、食事も大切な療法となります。
内服だけではその進行を緩やかにすることはできなかったのでしょう。
食事の塩分、カロリー摂取はきちんと病院からの指導どおり行なっていたようですが、体重は日に日に増加していました。
足のむくみは特に酷く、踵から指先にかけては感覚が無くなっていました(むくみは体重の3%以上の増加で現れます)。

また時折胸の痛みも訴えていました。
この痛みは数分過ぎると落ち着くため、本人も家族もあまり気にかけていなかったようでした。胸の痛みを「胸痛」というのですが、胸痛とともに呼吸が苦しいこともあったはずです。しかしそれらが糖尿病の主治医に伝わることはなかったようです。
無症候性心筋梗塞であったと思われます。
残念ながらこの過程の検査のデータを見ることはできませんでした。

本人の主訴を辿って考えることを書きます。あくまで予測の範囲にすぎません。

糖尿病を患い、歩くことも出来ず(しなかった)日中の殆どを家の中で過ごしていました。
そして食事療法を行っても体重は日々増加し、家の中での自力歩行による移動も難しいものとなっていました。

そして、昨年2月、胸痛、呼吸苦を訴えて救急搬送となり、三次救急の病院へ入院しました。
まずそこで透析導入となりました。
ご存知の方も多いかと思いますが、透析は一度導入すると一生外せないものです。

このとき、この女性の子供達のうち、いち早く病院に駆けつけたのは長女でした。

透析についてのう説明は受けたはずなのですが 母親が倒れたということで、医師やスタッフからの説明は殆どを理解できなかったそうです。長女の娘が医療関係者だったため娘が同意書などの書面にサインをしていました。しかしながら、透析は一時的な治療であると勘違いをしていました。
身内が急変したときにはこのようなことは往々にして起こります。
私が駆けつけたときには既に透析が始まっておりました。

 

次の記事へ続きます。

腎不全 Chronic Kidney Disease

Chronic Kidney Disease

正確には慢性腎臓病と訳されます。

慢性腎不全ときいて皆さんが頭に浮かぶのものはなんでしょうか。

『透析』

という方も多いのではないかと思います。

 

今回は腎不全についてお伝えします。

 

私の身内が透析をしています。

長いこと糖尿病を患っておりました。

もちろん毎日薬を飲み、食事にも気をつけて過ごしていました。

しかしながら加齢とともに症状は悪化していきました。

どんなに食事療法しても体重が増加し続けたころ、主治医からは透析導入を勧められていたそうです。それを拒否し続けた結果

心不全

で救急搬送されました。

ICUに入り、そのまま透析導入となりました。

心筋梗塞で急変しましたが一命とりとめました。

 

そして透析専門の病院に転院して今でも入院加療中です。

 

このような過程をたどる糖尿病患者さんは珍しくありません。

糖尿病からの腎不全、心筋梗塞は多いのです。

 

腎不全について少しずつ書いていきます。 

 

 

ココナラ

ココナラは手数料が3割です。
今年から手数料が変わりました。
25%から30%にかわりました。しかしながら、毎月ある一定の金額以上の売り上げのある場合は10%が帰ってきます、いや返ってきます。

なかなかその金額に達するのはきついんじゃないかなぁ、と私は思いました。

一文字一円の記事を書いても手数料で更にもっていかれるわけですから、一文字一円にはいきません。

厳しいなぁ、と思います。

ですからココナラで本気で儲けようという気持ち…にはなれません。

ココナラ

うーむ…

やはり、というべきでしょうか。

ココナラからの依頼が途絶えましたねぇ。

お一人から一購入で沢山の記事を書いて、追加でおひねりから入金してもらったので、沢山記事書いたけど…実績は少ないままなんですよ。

免許証の写真を撮って貼ればいいのでしょうかねぇ。

いろいろ考えているんです。

個別に受けてる健康相談は

もうなんだか人生相談会になってまして、人様の人生相談受けられるほど私は大した人間じゃありませんから、限界を迎えているなぁ、なんて思ったりしてたまに遠くを見ています。

上手くいかいな

と思ったときには

水曜どうでしょう

を観ます。

藤村さんが

コツコツやるしかないんですよ〜

と、大泉さんに話している場面に

ウンウン、と頷くのでした。

ヨルノジョオウははなうたで

アンサンブルコンサートが終わりました。
素敵な時間を過ごしました。

次は何を練習しようかなぁ〜

コンクールと発表会があります。
コンクールはモーツァルトの夜の女王のアリアをやります。
発表会はモーツァルトの永遠なる神よ、我は求めず
を、やります。

今はHigh Fが出せます。
その二度上のGは、4回練習したら1回しか出ません…

元々高い声ではありませんよ。
練習して出せるようになりました。

私の夜の女王のアリアだけをきいた方は

ああ、元々高い声出せたんですよね。

とかおっしゃる。

鼻歌みたいに軽く出してるように聞こえるのでしょうか。


夜の女王のアリアは必ず1日一回は練習しています。
家族は誰も驚かなくなっていますが、実家でうたうと大抵、えっ((((;゚Д゚)))))))
と、誰かが引きます。

そして
永遠なる神よ、我は求めず
は、High Gが
二回ありますよ。もちろん、High Fもありますよ。


練習していると
喉から首の筋が
グキ
となります。

ですから私の練習方法が
正しいのかどうかわかりません。

でも高い音域は出せるようになりました。