医療関連の記事を保健師が書いていくブログ

医療コラムからビジネス書籍のご紹介など。保健師が年商10億円を目指します

透明なゆりかご

ずっと気になっていた漫画でした。
手に取る機会があり、拝読しました。

これはキツイ…
いろいろな経験の記憶が蘇ってしまい、泣きながら読んでました。周囲の人、ごめんなさい。

本当にあるんですよねぇ。そして自分がみてきたケースと同じようなケースが他でもちゃんと存在することが改めて、キツイ。


大学の同期もやはり同じような経験を積み重ねています。なかには、子供を持つことが怖くなりずっと持たない選択をしている人もいます。
自分のなかにも何かがあってちゃんと子供を育てられないんじゃないか、とかいろいろ考えるそうです。


私はどうだったのでしょう。
虐待に関わる仕事をしていたときには、私は子供を持つことをちゃんと考えられませんでした。
ちゃんとしなきゃいけないのに、声が震えたり手が震えていたり、頼りない人間だったでしょう。
目の前で新生児が放り出された瞬間は絶対に忘れません。
新生児は沢山の大人に守られている、と絶対的なものだという思い込みがありました。無意識のレベルで。


しかしながらそうではないこともある。


その辺りから私はあんまり泣かなくなりました。
ドラマや映画をみても、感情が動くことはなくなりました。
同じような人は結構いましたし、何より旦那がそういうタイプでしたから気にはなりませんでした。


しかしどうでしょう。
流産したときから何かがぶっ壊れたようになりました。
病院のロビーで一人崩れて泣いてました。


旦那がそういうタイプでしたから、流産の報告をしたときは、妊娠の3割は流産だから心配するな、とまっすぐな言葉。
ちょっとショックでしたが、気にならないタイプなんだろうと思っただけでした。


そして、ふと、あのときに保護した子供たちはどうしているだろう、病院に置き去りにされた子供はどうしているだろう、と思いました。
流産したときには私は異動していましたし、大人が対象の分野の仕事でした。


今でもときおり思い出します。
随分と長い時間が過ぎましたし、あの時の子供たちは成人しているはずです。


流産したあと、二人の子供を授かりました。
流産はもう一度しました。



もう子供は臨めませんが十分だと思っています。
旦那はもう一人欲しい…と、言ってますが。腎臓がもたないので無理です。


透明なゆりかご
素敵な漫画でした。

あの頃のことを夢で見てしまうほど、揺さぶられた漫画でした。

NECK

面白かったなぁ。
森崎さんが出演している、という理由だけで借りたDVDでしたが面白かったです。

ストーリーは割愛しますが、全体のテンポが早くて舞台をよく知らない私には…アレヨアレヨという間に、笑っている間に終わってしまいました。

森崎さんしか知りませんでしたが、他の俳優さんも素敵でした。


個人的には
機敏なデブ
が壺でしたが、本当に機敏なデブはもう少し機敏な動きをするんだ、と気になる自分が嫌でした。

今はマッスルボディーになられましたが
元モンブランズの南大介さんは機敏な◯ブの範疇どストライクでした。
モンブランズさんは解散してしまいとても残念ですが、ヒーローもの、くノ一の息子、のネタは好きです。


とにかく、森崎さんは素敵だなぁ…とシミジミでした。
舞台の世界を全く知らないので分からないけれど、森崎さんがチームナックス以外の団体を演出したり脚本書いたりすることはあるのでしょうか。
あるなら観てみたいなぁ、と思います。

脚がつることと腎臓は関係があります

腎臓病と脚のつり

腎臓病と脚のつりには深い関係があります。
脚が頻繁につることに困り病院にて検査をした結果、腎臓に何らかの疾患が見つかったということは珍しいことではありません。たかが脚のつりでしょう、とおっしゃる方もいらっしゃいますが、脚のつりは消化器系の臓器の疾患を知らせてくるサインのこともあります。

1 腎臓の機能について
腎臓の働きをひとことであらわしますと、尿を作る臓器、というとイメージしやすいかと思います。腎臓は空豆のような形をしています。大きさは握りこぶしくらいで、腰のあたりに左右対称で二つあります。
⑴ 濾過と再吸収の働き
腎臓の大切な役割は濾過と再吸収があります。腎臓には濾過をする働きの部分と、身体に必要なものを再吸収する働きの部分があるのです。それらを総称して「ネフロン」といいます。濾過をするのはネフロンのなかで「糸球体」といい、不必要なものを濾し出します。しかしながら全てが不必要なものではなく、濾し出したもののなかには必要なものも含まれていますので、それらを再度吸収をして体内に留める働きをしているのが「尿細管」です。
この働きがなされないと、尿毒症、痛風、腎症低尿酸血症、Wilson病などの様々な病態となります。

⑵ 血圧の調整
腎臓は塩分と水分の排出量をコントロールすることによって血圧を調整しています。塩分と水分はセットで排出されます。塩分がうまく排出されずに体内に貯留するということは水分も一緒に体内に貯留するということになります。ですから慢性的な腎臓病は身体がむくむ(浮腫)のです。多く取りすぎた塩分、正確にはNa(ナトリウム)ですが、ナトリウムを多く含んだ血液は腎臓を通過し、そして腎臓はナトリウムを排除します。この時に腎臓の働きが低下しているとナトリウムを排除出来ず、余分なナトリウムは血液中に残ってしまいます。そうするとナトリウムは水分も一緒につかまえて血液中に残るわけですから、血流量は上がりそして血圧をあげることになります。
腎臓は細い血管の集まった臓器です。細い血管に高い圧の血液が長い期間流れることは大変な負担となります。酷い状態となると血管が詰まってしまい、腎臓の働きを大きく下げることになります。
腎臓は内部環境の調節機構として大きな役割をになっているのです。ナトリウム、つまり電解質の調節にはアルドステロンと、心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)のホルモンが関わっています。アルドステロンはナトリウムの再吸収を促し、ANPは尿細管でのナトリウムの再吸収を抑制しています。ですから、腎臓の器質的な破壊によるだけでなくホルモン性の疾患によっても著しい異常が起こりうるのです。

⑶ 血液つくる
腎臓によって出されるホルモンに「エリスポエチン」があります。これは骨髄のなかにある細刺激し、それによって血液が作られます。この機能が低下すると貧血になります。

⑷ 体液量、イオンバランスを調節する
⑵の血圧の調整とも繋がりますが、腎臓が調整に関わっている電解質はナトリウムだけではありません。カリウムイオン(K+)、水素イオン(H+)、クロムイオン(C-)、重炭酸塩(HCO3)そしてナトリウムイオン(Na+)。これらの四つの成分は電解質平衡の異常を知るために測定されます。腎臓を経て移動する電解質はこれら全てを含んでいます。
この電解質の体内のバランスが崩れると様々な弊害があらわれることになりますが、その中の一つに脚のつりがあるのです。


2 筋力の機能
筋肉の働きと電解質にはとても大きな関連があります。特にナトリウムイオンは筋肉だけでなく神経刺激伝達作用があります。突き詰めていくと我々の身体は小さな細胞でできています。その細胞には「細胞膜」とよばれる膜があり、そこをナトリウムイオンとカリウムイオンが出入りすることで電気信号となり、刺激として伝達されるのです。

⑴ 筋肉におけるナトリウムイオンの働き
ナトリウムイオンには筋肉の収縮と弛緩を調節する働きがあります。筋肉細胞の外側(これを組織間液中といいます)にあるナトリウムイオンが筋肉細胞内へ移動すると筋肉が緊張して収縮します。この筋肉細胞と筋肉細胞の外側にある電解質信号がうまくなされないと、筋肉が異常に緊張して収縮したり硬直し、足がつるのです。

⑵ 脚のつりとはなにか
この「つる」という状態は筋肉の異常な痙攣です。筋肉が自分ではコントロールできない状態で緊張して収縮し、硬直します。そして強烈な痛みを伴います。特に睡眠中は無意識に伸びをしていますのでつりやすいのです。

3 老廃物の処理ができないと脚はつる

腎臓は体内のバランスを調節するために非常に重要な役割を担っています。腎臓病とはその働きが十分になされなくなった疾患の総称です。腎臓の機能が低下すると水分、電解質、血圧の調整ができなくなります。また血液が作られなくなり貧血にもなります。
特に脚のつりは体内の電解質バランスが崩れているというサインでもあります。腎臓で行われる老廃物の処理がなされないと、筋肉の緊張と収縮の働き関係するナトリウムイオンなどの電解質バランスが崩れます。そうすると脚がつったり身体がむくんでしまったり、様々な症状が現れます。

自分で尿を確認することで腎臓のチェックをすることができます。
目視で、排泄の際に尿が泡立っていたり赤褐色調になっていたら、尿中にタンパク質が排出されていたり血液が混じっている可能性があります。

激しい運動をしているわけではないのに一週間に一度以上脚がつったり、目視でわかるほど尿が変化している場合には内科受診を強くお勧めいたします。腎臓は不可逆な臓器ですから、一度悪くなってしまうと組織は再生することが出来ません。二つあるからと安穏とせず、病気を早期に発見するためにも是非セルフチェックを継続して行っていただきたいと思います。

腰痛とこむら返りには関係がある

寝ている間に足のむくみ・疲れをスッキリ軽くする「夜用揉まれるサポーター」


腰痛と脚のつり(こむらがえり)には共通点があります。その発症の要因が共通しているのです。

大きく分けると

①骨格のゆがみ
②筋力の低下
③血行不良

の、3つに分けることが出来ます。

脚のつり(こむらがえり)は腰から下の筋肉(下肢筋群)が関節や骨盤の緩みによって膨張したり硬直することと深い関係があります。また骨格のゆがみによって筋肉のつき方にもゆがみが生じます。本来ならば緊張しない筋肉が必要以上に緊張して膨張してしまい、その反動で激しく元に戻ろうとする筋肉が過度に収縮することで脚がつることもあります。これは無意識に起こる筋肉の運動で「不随意運動」といいます。無意識に起こることですからどうすることもできません。
また腰回りの筋肉が衰えたり、骨盤から腰椎にかけて何らかのゆがみ或いは変性があると、血の巡り(血行)が悪くなります。血流が悪くなると脚先への栄養が供給されにくくなり、必要な栄養素であるミネラルやビタミン(特にビタミンB1)、タウリンが不足してしまいます。これらが原因となり脚がつることも多いのです。
そして同時に腰痛の原因にも同様のことが言えます。腰痛の原因は基本的には老化によることが多いため、腰痛を訴えて整形外科に受診をしても、軽い痛み止めを処方されたり湿布を出されて終わりという方は多いかもしれません。骨や組織の変形によって外科的な処置が臨まれない限りは、積極的な治療はありません。
では腰痛が症状としてあらわれる疾患にはどのようなものがあるのでしょうか。脚のつりにも関連している疾患をあげていきます。

⑴ 腰部脊柱管狭窄症について

背中の中心に首から腰にかけてゴツゴツしている骨が脊柱(椎骨)です。小さなブロックのような骨が33個(或いは34個)で体幹(身体)の基礎を形成しています。その中でも腰の位置にある椎骨は5個あります。これを腰椎といいます。腰椎は他のものと比べると非常に大きく丈夫にできています。体を支えるために重要な役割を果たしています。この脊柱は丁度真ん中が空洞になっています。椎孔(ついこう)といい、この穴の中を太い神経や血管が走っており、脳と下肢を繋ぐパイプのようなイメージです。この骨と骨の間には椎間板というクッションの役割を果たすゴムのような板があります。そして太い神経や血管を守っているのが、脊柱管となります。この脊柱管が椎間板の突出によって刺激されたり、脊柱管を取り囲む組織の退行性変性(老化)により脊柱管が狭くなり、神経を圧迫して引き起こされるのが腰痛や脚のしびれです。
この疾患には特徴的な症状があります。長い時間歩くと腰痛や脚のしびれがひどくなり歩けなくなりますが、しばらく休むとまた歩けるようになります。これを「間欠跛行」といいます。
脚がつってしまうのは、この脚のしびれと関連していると思われます。

⑵ 椎間板ヘルニアについて
⑴でもご説明しましたが、 人の身体は脊柱が支えています。椎骨の間にはクッションの役割を担う椎間板があります。この椎間板のおかげで私たちは背骨を自由に動かすことができます。この椎間板がないと痛みが激しく自由に動かせる範囲(可動域)が狭くなります。また「ヘルニア」はラテン語で「突出」という意味です。身体の中の臓器や組織が正常な位置から脱出した状態を意味します。椎間板が突出している状態が椎間板ヘルニアであり、突出した椎間板の一部が脊髄や神経根を刺激して、腰やお尻、下肢にかけて痛みやしびれ、脚のつりが発生します。
椎間板ヘルニアもまた老化によって組織が衰えることでおこりますが、激しい運動を繰り返し行うスポーツ選手や、腰に負荷のかかる仕事についている若い年齢の方にも多くみられます。

⑶ 変形性腰痛(変形性腰椎症)について
これも加齢による老化現象です。腰椎に「骨棘(こっきょく)」と呼ばれる、骨の棘ができてしまうことがあります。この骨棘によって神経が圧迫されたり刺激されることで、慢性的な腰痛を引き起こします。また、この腰椎の変性により痛みやしびれから自由に動かせる範囲(可動域)が制限されてしまい、周囲の靭帯や筋肉への負担が大きくなります。これによって血行不良になり腰や下肢の筋肉が膨張し張りもみられることがあります。この筋肉の膨張は脚のつりにも繋がります。筋肉の膨張を解消するために筋肉が過度に収縮するためです。この筋肉収縮が脚のつりになります。
またこの痛みによる可動域の制限は、腰曲がりなどの姿勢になってしまうこともあります。
特徴的な症状は「下肢の痛みが片脚のみにあらわれる」ということです。


腰痛と脚のつり(こむらがえり)は同時期に起こることが多いようです。先に述べました通り、共通して要因は、骨格のゆがみ、筋力の低下、血行不良です。
⑴⑵⑶の疾患はそれぞれ老化が原因という共通点があります。骨格のゆがみも、筋力の低下も、血行不良も老化現象の一つであると言えます。
これらを軽減するためには、適切な食事と適度な運動がとても大切です。
特に腰に負担をかけずに、そして全身の血流をよくし適度に筋力をつけて維持することが肝要です。これにはウォーキングが最適です。特に腰痛は歩くことが少なくなり引き起こされることがわかっています。ウォーキングは走ることと違い、膝に負荷がかかることもありません。腰痛や脚のつりを軽減するには、全身の運動ともいえるウォーキングを強くお勧めいたします。筋力の低下を防ぐことで骨格の歪みも抑えることができますし、全身の血行が良くなることで下肢への栄養素の供給もなされます。またふくらはぎの筋力をあげると心臓への血液の戻りを良くします。
腰痛を防ぐことは良い姿勢を保ち、椎骨の退行変性を防ぐことにも繋がります。
また、脚のつり(こむらがえら)は隠れている病気のサインとも言われています。週に一度以上足がつることが数カ月継続している場合には、先程ご提示した疾患を含めて何らかの病気があるかもしれません。
また、腰に強い痛みが継続する場合には外科的な治療が必要なこともあります。レントゲンを撮ることですぐに診断のつくものもありますので、日常生活に大きく影響する痛みやしびれが継続する場合には整形外科の受診をおすすめいたします。

ICI治療法

ココナラに
ICI治療法についての依頼がありました。
ぶっちゃけて、
男性器は大きくなるか?
というストレートなご依頼。


ああああ…
この方面から来るとは予想外で何ら資料も経験もありません。

おことわりさせていただきましたが…

旦那もおらず聞く相手もいないので、可能な限り調べてみました。

治療法としては1970年代から海外では行われていたようです。しかしながら、直接的な身体への侵襲があるのでバイアグラのほうが主流となったのでしょうか。

治療後、四時間は効果が続くため
この四時間以内が大切だそうです。

そして、四時間以上継続している場合は
また治療が必要なためクリニックに戻らなくてはなりません。

また副反応もかなり心配です。

筋肉を緩めて血流を促進するわけですから、眼圧が高くなるので緑内障の方には禁忌です。また、他、糖尿病や腎臓病の方にも。


まだまだありましたが、この辺で止めます。


他の記事を仕上げなければなりません。
最近、遅筆です。
ああああ…
天麩羅が食べたーい

医療に関することを書いていて思ったことを書きます

一年くらい医療の記事をダラダラ書いてきました。 いろいろ勉強になることもありました。そんなことを少し書いてみます。

本音さらしますと、すっげー金にはならないことがわかりました。まず本代がかかります。今の医療を知るためには最近書かれた本を読まなければ分からないことも多いです。自宅にある教科書的な医学、看護学、薬学の本では限界がありますから、高い専門書を買います。これが本当に、高い。一冊6000円以上はしますから泣きそうになります。もちろん一冊では足りませんから、ひとつの記事のためにかなり本を読み、買うわけです。なんという…

そして次はネットでいろいろ調べます。これもまた疲れます。嘘書いてる?と、思うこともあったりしますが、医療のことを知らない方々にわかりやすく説明をするためにはこういう表現も有りか…とか考えます。 そして知り合い総動員して、現場知ってる友人知人元同僚から話を聞きます。 そしてやっとやっと記事を書き出すのです。

嘘は書いてはいけない。コピペはしない。 分かりやすさのなかにオリジナリティーを出す。

この辺りを目標にして書くのですが、独りよがりになっていないか心配になったりします。 友人にチェックしてもらうこともありますが、誰彼構わず見せるわけにもいかない。

極端な言い方しますと、書いてない時間もずっと記事のことを考えています。 この書いてない時間に構成やらタイトルに沿う表現を考え出すのですが、この時間が素晴らしく楽しいこともあれば苦しいときもあります。

そして苦しくなると

自分、所詮保健婦じゃない?

一般の人はやっぱり医者が書いた記事を読むべ? ああああ無意味なことやってるのか?

とか具止まりがきかなくなります。 疑問持ったらダメですね。 そしてそんなこんなで記事を仕上げます。

旦那が医者なので彼が出している本を読むこともあります。ものすごく狭い範囲の説明をしているわけですから、ぶっちぎりにちんぷんかんぷんです。これは日本語ですか?とまではいかなくても、専門の用語からしてわからない。専門医が専門家向けに出した本だから当たり前なんですね。

誰に伝えるか、そして本当に伝わっているか。 これはもう人間として生きるには最低限必要で、どこで何をしようと自問自答することなんだな、としみじみ思いました。

結語

疑問を抱いたら疑問を少し棚上げにしてとりあえず出来ることをやるしかない