医療関連の記事を保健師が書いていくブログ

医療コラム。ココナラより健康相談、医療記事について出品中。https://coconala.com/smartphone/users/dashboard

嫁ブロックのその先に子供ブロックがある

うちは夫婦でJリーグが好きです。
大好きすぎて1週間の感情が試合で決まるくらい、中毒になっています。

きっかけは

夫婦仲良くなりたいな

という私の(今思えば可愛らしい)思いもありました。

10年近く前、夫はシフト制の勤務で休日は不定期でした。平日お休みでも長女の幼稚園があるし休みたがらないわけで、なんとなくダラダラと終わる夫の休日。
イライラして呑んだくれるくらいしかストレス発散できない旦那さん。

そして旦那さん、勇気を出して言ってくれました。

家族でフクアリに行ってみないかい?


えっー、スタジアムで幼児が二人…
長い時間無理じゃ( *`ω´)

と思いましたが、旦那さんは頑張ってメインスタンドの指定席をしっかり子供たちの分もとってくれました。
小学生以下は親の膝に乗せれば無料でスタジアムに入って良いことになっていますが、それは大変だからと子供たちシートも確保。
スタジアム観戦に行くという、英断。私にはこれが一番の決めてでした。

駐車場もあるしシートもある、売店もあるしとりあえず困らなそうだし、行ってみるかと思いました。
それで夫婦仲良くなればラッキー、共通の話題が増えたらいいなと。


初めてのフクアリはそりゃーもー、楽しかったです。

フクアリは綺麗だし、トイレもあるし、屋台(スタグルという言葉は後から知った)もたくさんあるし、グッズは秋田犬でかわいいし、なによりスタジアムの雰囲気が最高で、試合も勝ったし、カエルが担架芸やってるし、犬の兄弟が尻尾丸いし、魂を持っていかれました。

夫の転勤で自分の仕事もやめて子供を産んで、腎臓が少し悪いらしくて倦怠感がいつもあって、自分の人生はパッとしないままこのまま流れていくんだろうな、なんて思いながら専業主婦やってた自分を

馬鹿みたいだ

と思いました。

それから早速、グッズや着るものを揃え、子供たちには犬のぬいぐるみから耳から髪かざりまで与え、黄色にしていきました。

そこからは生活はフクアリ中心になりました。
ダラダラとしていた家族サービススケジュールが変わりました。まずはフクアリに行けるように旦那さんはシフト希望を出します。当直明けでフクアリに行くことは当然込み。
幼稚園の行事、習い事がフクアリに被らないか必ずチェック。
家族旅行とアウェーを兼ねる。

旦那さんが仕事で行けない日は私と子供たちで試合に行きました。旦那さんがいなくても関東圏内のアウェーにも私と子供たちで行くようになりました。

有名な古参サポーター様からゲーフラいただいたり、そりゃーもう、楽しい楽しい。

そして私の誕生日が丁度新シーズン開幕頃なので、誕生日のプレゼントはユニとシーチケとなりました。結構な金額ですが、絶対的に必要なものですから罪悪感なしに受け取ることができて最高です。

それだけでは足らず、天皇杯も行きます。
レディースの試合も行きました。
J1の試合も見に行くように…

心からサッカー観戦を楽しんでましたが、去年から
子供ブロックに…
もうフクアリは卒業したいというのです。

青天の霹靂。子供ブロック。

日曜日は友人と遊びに行きたいし、塾の宿題もあるし、サッカーばかりで某ネズミーにも連れて行ってもらってない。二人で留守番できるから、お父さんお母さん二人で行ってくれ。

(;゙゚'ω゚')

とうとうこの日が来た…

チクチク言われてました。
行くところにはサッカーばかり。
私達にも自由に休日を過ごす権利がある。
勝手に出歩くとかしないし、安心して夫婦でフクアリ行ってこいよ。

次女からは

去年は女の子一人だったの、エスコートキッズ…
恥ずかしいから今年は勝手に申し込まないでね。

(;゙゚'ω゚')


ごめんね、ごめんね、と思いました。
お母さんは楽しかったよ。
ああ本当に楽しかったのです。

雪の降る開幕戦、ココア飲み放題に喜ぶ子供たち。
毛布で簀巻きにされる子供たち。

大岩選手のゴールに喜ぶ子供たち。勝ったら焼肉だったから。

オーロイが大きくて大喜びの次女。
オーロイが手を振ってくれたと大喜びの次女。

しかしながらここ数年は嫌々ついて来てくれたんですね。


色々反省を。と思いましたがやっぱりフクアリには行かないといけないので、
ごめんね、留守番よろしくね( ;´Д`)

出かけにくくなりました…


10年近くたち、やっと旦那さんの気持ちが分かりました。家族に遠慮しながら趣味を貫くのは大変なんですね。

自分は家事も子供たちのスケジュールもイベントもしっかりやって、自分の貯金からたまに服やカバンを買ってやり、お小遣いも渡してます。最大限やっていると自負しています…が、後ろめたさったらないな。

子供たちが大学生になったら
ホームもアウェーもコンプリートしたい。
そのために今はガッツリ貯金をして、学費にこまらないようにしなければなりません。

子供たちがいつかまたら
フクアリに行く気になってくれたらなぁ。